• 激安・格安キャンペーン
  • 15000円割引実施中
  • 4名以上同時入稿プラン
  • お値段重視プラン
  • 観光合宿プラン

カラーをカスタム

カラーをカスタム

自動車学校での教習や合宿免許は車の免許だけでなく、二輪の免許を取得するためにも利用できます。1人、あるいは2人で出かけるには車よりもバイクのほうがお手軽であるため、二輪の免許を取りたいという人は少なくありません。風を切って走る感覚が好きだという人もいるでしょう。

二輪の免許を取得したら、自分のバイクが欲しいと思うのも当然のことです。自分で購入したバイクはそれだけでも愛着がわきますが、より自分らしさ、オリジナリティを出すことができれば、さらに大切に使うことができるでしょう。そのためにはカスタマイズを施すのがいいですが、当然費用がかかります。

もし気軽にカスタムをしたいというのであれば、カラーをカスタムするのがおすすめです。

気軽に行えるカラー変更

カスタマイズの種類はさまざまで、ちょっとしたパーツを取り付けるものから内部をいじるものまで多岐にわたります。そういったもののなかでも、外装に手を加えるカスタマイズには比較的簡単なものが多くあります。そのひとつが、カラーの変更です。

カラーの変更は外装を塗装すればいいだけなので、難しいことは何もありません。ショップなどに持って行って塗装してもらってもいいですし、自分で簡易の塗装を施すこともできます。もちろんきれいに仕上げるにはショップに依頼するほうが良いですが、仕上がりにそこまで執着しないのであれば選択肢のひとつにはなるでしょう。現在はインターネットなどで簡単に情報を集めることができるので、塗装自体の敷居はとても低くなっています。

 

カラーを変更するメリット

バイクのカラーを変更するには、いくつかメリットがあります。

まずひとつは、オリジナリティを出すことができるということ。バイクは各車種によってカラーのラインナップが決っているので、デザインは好きでもカラーが……というバイクもなかにはあるでしょう。そういったバイクを購入して塗装すれば、デザインもカラーも満足のいく、オリジナリティのあるバイクにすることができます。愛着がわけば大切に使おうという気持ちにもなるので、長く使えるでしょう。

また、ある程度の傷であれば隠すことができるというのも、メリットのひとつです。

マイバイクを購入する場合、新車を購入することもありますが、二輪免許を取得して間もない時期はとりあえず中古のバイクを買うということもあります。中古のバイクでもきれいなものはありますが、細かい傷や汚れはそのままであることも。そういったものでも塗装を施せば、ある程度までは隠すことができます。旧式の古臭い印象を払拭することも可能です。

二輪免許を取って、マイバイクでツーリングをする。免許の取得を目指す人にとって、夢や憧れともいえるシチュエーションです。マイバイクのカラーをカスタムすればよりツーリングを楽しむことができるかもしれないので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?