• 激安・格安キャンペーン
  • 15000円割引実施中
  • 4名以上同時入稿プラン
  • お値段重視プラン
  • 観光合宿プラン

バイク保管に欠かせないガレージ

バイク保管に欠かせないガレージ

自分好みにバイクをカスタムする方は、たくさんいます。カスタムしなくともバイクを愛し、大切にする方はたくさんいます。いずれにせよバイク乗りの多くは、「バイクにまたがり走行している自分の姿を見てもらいたい」と感じるもの。だからこそ目立つようにバイクをカスタムし、また大切にするのです。

とはいえバイクを大切にしている方の多くが、「盗難」や「傷・汚れ」に不安を抱きます。デザイン性や機能性に優れていたり、高価なバイクであったりすれば、それだけで盗難の危険性は高まります。また屋外に置きっぱなしだと「天候」による汚れや「イタズラ」による傷などの心配も生じ、気が気ではない方も多いのではないでしょうか。

ガレージの役割とは

そこでおすすめとなるのが、ガレージです。ガレージに大切なバイクを保管すれば直射日光による変色の心配もありませんし、悪天候によりバイクが汚れてしまうこともありません。また、何らかの原因でバイクが傷ついてしまうこともありませんし、盗難を防ぐことだってできるのです。他にも、「バイクをじっと眺めていられる」というメリットもあげられます。バイク乗りの多くは、「自分のバイクをいつまでも眺めていたい」と考えるもの。とはいえ実際に屋外で自分のバイクをじっと眺めていると、ただの不審者に見られてしまいがちです。しかしガレージがあれば、誰の目を気にすることもなく、いつまでもバイクを眺めていられるのです。バイクを安全に保管すること以外にも、バイクを堪能する場所としてもガレージは役に立ちます。

 

さまざまなガレージの種類

一口で「ガレージ」とはいっても、その種類はさまざまです。デザイン性の違いもあれば機能性の違いもあり、また価格にも違いが見られます。既存のガレージを購入・レンタルするのではなく、DIYでガレージを作る方も少なくありません。一般的にはコンテナタイプやボックスタイプのガレージが多く使われていますが、内装や外観、大きさなどを全てオーダーメイドできるガレージもあります。

バイクの種類はさまざまで、それぞれのバイクタイプに合わせてガレージをデザインする方はたくさんいます。ネイキッドタイプのバイクには、ネイキッドに似合うガレージを。ストリートタイプのバイクには、ストリートに似合うガレージを。ビッグスクーターには、ビッグスクーターに似合うガレージを。アメリカンタイプのバイクには、アメリカンに似合うガレージを。それぞれのバイクタイプに合わせてガレージをデザインすることで、より一層バイクも映えるのではないでしょうか。

バイクをキレイに、安全に保管する場所としてガレージは欠かせません。またバイクを保管するだけでなく、バイクタイプに合わせてガレージをデザインしたり、使わなくなった部品やストック用のタイヤ・ヘルメットなどを壁に飾ったりすることでガレージインテリアを楽しむこともできるのではないでしょうか。