家事育児に忙しいママが免許を持つメリットとは

家事育児に忙しいママが免許を持つメリットとは

運転免許は、男女問わず多くの人が持っています。特に男性は仕事で車を使うこともあり、職種によっては免許の取得が必須のものもあります。もちろん女性の場合であっても社会進出する人が増えているため、免許を必要とする場合が増えています。

では専業主婦の人は免許が不要なのかといえば、そういうわけではありません。むしろ、家事や育児に忙しい専業主婦の人にこそ免許は必要なのです。ここでは、専業主婦にとって免許を取得するメリットはどのようなものなのかをご紹介します。

もしものときのために

家事や育児に忙しいママが免許を取得する大きなメリットは、子どもの異変などに対応しやすいということがあげられます。たとえば子どもが急に体調を崩した場合、免許を持っていない人は病院に連れていくのもなかなか大変です。近くに病院があればいいですが、そうでない場合にとれる手段は限られてきます。運転免許があれば子どもを連れて行ける範囲が広がるので、望みの病院に連れていくことができるでしょう。病院までの時間も短縮できますし、なによりママへの負担が小さくなります。

普段の生活においても、車が使えるメリットは大きいものです。買い物や子どもの送り迎えなど車が使える場面は多いため、免許を取っておいて損はないでしょう。バスや電車といった公共の交通機関を利用することももちろんできますが、時間の融通が利かないことや一定額の費用がかかることを考えると、その自由度は大きく異なります。

 

大きなメリット

こういった点から、運転免許を取得しておくことは家事や育児に忙しいママにとって大きなメリットになります。しかし、妊娠・出産の前に免許を取っていれば問題はありませんが、子どもが生まれてから免許を取ろうとするとなかなか難しいものがあります。特に、教習の間に子どもの面倒を誰が見るのかは問題です。そういったママのために、現在は託児所が併設されている教習所があるのをご存じでしょうか。

託児所付きの教習所であれば、子どもを預けている間に教習を受けることができます。きちんとした資格を持った人が預かってくれる場合が多いため、安心して利用できるでしょう。どのようなシステムなのかはその教習所によっても異なるため、利用したい場合には事前によく確認しておきましょう。

また、こういった一般的な教習のほか、合宿免許を利用するという方法もあります。合宿免許は短期間で免許が取得できるため、負担も小さくなります。ただし、合宿期間中に子どもを預けられる環境は必要です。旦那さんや両親とよく相談して、万全の体制を整えてから利用しましょう。