雄大な自然と美味しいグルメ!香川県での合宿免許

日本で一番狭い都道府県はご存知でしょうか。その答えは、香川県です。かつては大阪が日本で一番狭い都道府県だったのですが、関西国際空港の埋め立てによって面積が広がったため、今では香川県が日本で一番狭い県になっています。

 

そんな香川県には、他県の広さに負けない魅力的なポイントが沢山あります。まずは何といっても、香川の名物である讃岐うどん。「うどん県」と自らを呼ぶように、香川県のうどんには別格の美味しさがあります。また観光資源にも恵まれており、「こんぴらさん」の名で親しまれる金刀比羅宮、弘法大師・空海が誕生した善通寺、瀬戸内海の美しい景色などがあります。

 

そんな香川県には、合宿免許で利用できる教習所がいくつかあります。合宿免許では免許の種類にもよりますが、普通自動車のAT限定であれば最短14日程度で取得することができます。通常の教習所通いだと免許取得まで1ヵ月~2ヵ月程度かかることを考えると、非常に短い期間だといえます。費用も格安に設定されていることが多いため、あまりお金をかけたくないという方にもおすすめです。一定期間拘束されるということからまとまった休みが取れる方に限られますが、この条件がクリアできるならお得な免許取得方法です。

 

香川県の合宿免許ならば、空いた自由時間にうどん屋巡りをしてうどんの食べ比べをする、なんていう楽しみもあります。また様々なフィクション作品の舞台も多いため、そういった場所を巡ってみて思い出づくりをするのもおすすめです。