カピバラが温泉に浸かる公園も!静岡県伊東市を散策

1

 

静岡県の最東端、相模灘(さがみなだ)に面する伊豆半島の東海岸中部に位置する自然豊かな伊東市に、伊東自動車学校はあります。のどかな風景の中に広がる整備されたロングコースで、のびのびと教習が受けられます。伊東市は観光地や別荘地だけあり、4タイプの宿泊施設が選べるのも特徴。施設が充実して居心地の良いホテル、キッチン付きの2LDKの部屋で友だち同士が一緒に宿泊できる旅館、気兼ねせずにくつろげると評判の女性専用のペンションとコテージが用意されています。

 

伊東市は静岡一の湯量を誇り、市街には誰でも低料金で入浴できる昔ながらの共同浴場が多数あります。建物の前に七福神の石像を一体ずつ祀る共同浴場をまわる、“伊東温泉七福神の湯めぐり”も人気ですよ。海岸沿いへ出れば伊東オレンジビーチがあり、夏には海水浴が楽しめます。さらに、市街南部へ足をのばせば、伊東八景に数えられる小室山公園や城ヶ崎海岸、美術館や博物館が点在する伊豆高原、カピバラが幸せそうに温泉に浸かる伊豆シャボテン公園など、魅惑の観光スポットがいっぱいです。

 

湯量静岡一の伊東温泉で“伊東温泉七福神の湯めぐり”。夏は海水浴や花火大会を満喫

 

2

 

松川河畔を中心に栄えてきた伊東温泉は、平安時代に開湯と伝わり、江戸時代には第3代将軍・徳川家光への献上湯も行っていた由緒ある温泉街です。明治末期から温泉掘削が進み、現在は静岡一、全国でも有数の毎分約32,000ℓが湧出されています。伊東市街には共同浴場が点在しているため、共同浴場前に立つ七福神の像を目印に“伊東温泉七福神の湯めぐり”に挑戦してみても良いですね。その途中では、伊東を代表する温泉旅館と名を馳せた東海館へも立ち寄ってみてください。昭和初期築の木造三階建ての建築物には、職人の意匠が凝らされています。

 

相模灘に面する海沿いには、南国ムードあふれる伊東オレンジビーチがあり、夏は大勢の海水浴客で賑わいます。このビーチを含む伊東海岸では、伊豆最大規模の按針祭海の花火大会を筆頭に、夏に花火大会が多数開催されます。2017年は7月下旬~8月下旬に17回を予定しているそうなので、教習が終わった後に友だちを誘って出かけてもいいですよね。また、伊東駅から海岸沿いを北へ歩いて15分ほどのところには、道の駅伊東マリンタウンがあり、遊覧船が運航。伊豆の海を船で満喫できます。

 

伊豆急行に乗って、絶景の伊東八景や温泉に浸かるカピバラで有名な動物公園へ

 

3

 

オフの日には、伊豆急行に乗って、伊東八景や美術館、動物公園などの観光スポットへ、足をのばしてみましょう。川奈駅から徒歩約20分、ツバキやツツジで有名な小室山公園は伊東八景のひとつ。観光リフトで標高321mの山頂にある展望台へ登れば、天気が良ければ360度の大パノラマで、伊豆七島や天城連山はもちろん、富士山まで望めます。一方、城ヶ崎海岸駅から徒歩約30分にある城ヶ崎海岸も伊東八景。約4,000年前の大室山噴火で流れた溶岩が、海の侵食作用で削られてできた荒々しい景観に圧倒されます。特に、海にかかる長さ48m、高さ23mの門脇吊橋はスリル満点。近くの門脇灯台は展望塔にもなっています。

 

伊豆高原駅を下車すれば、爽やかな高原の中で美術館や博物館、ものづくりの体験施設、おしゃれなカフェが点在していて、アートな1日を過ごすことができます。動物好きなら、伊豆高原駅からバスに揺られて約20分(伊東駅からもバスで約35分!)、大室山の麓にある伊豆シャボテン動物公園へ。リスザルやカピバラ、ラマたちと触れ合えエサやりができます。“伊豆の冬の風物詩”で知られる、カピバラが露天風呂に浸かるキュートな姿はハートをわし掴みされることでしょう。

 

また、お椀をかぶせたような優美な大室山も伊東八景のひとつ。観光リフトに乗って標高580mの山頂に登れば、噴火口を周回する約1kmの散策路があり、小室山同様に360度の素晴らしい景観を望みながら散歩ができます。

 

伊東港で水揚げされる新鮮な海鮮や名物のサバを存分にめしあがれ

 

4

 

相模灘に面する伊東市では、海鮮が美味しいと絶賛されています。伊東市街の伊東港沿いには、いとう漁協が直営する漁師めしや波魚波(はとば)があり、とびきり新鮮な旬魚がてんこ盛りの海鮮丼や地魚刺身定食などが味わえます。

 

前述で登場した道の駅伊東マリンタウンも、伊東魚市場の仲買人が営む海鮮料理の店から、駿河湾由比産の桜えびのかき揚げが名物のそば・うどん店、魚介を活かしたラーメン店まで、飲食店が充実。フードコートの海辺の食卓では、伊東港で水揚げされたサバをミンチにしたボロネーゼのパスタ、ボロネーゼとサバフライをのせた丼など、地元素材をふんだんに使った料理を良心価格で提供していますよ。

 

写真提供:静岡県観光協会

 

 

 

12596835_784890268282662_445341884_o

 

児島奈美/トラベルライター

 

旅行誌のルポタージュ、タウン情報誌の店・スポット紹介を中心に活動するトラベルライター。国内旅行誌に10年以上携わり、全国各地の旅のルポ(普通列車で四国一周、街歩き、温泉旅など)を手がける。他にも、国内の旅ガイド、インバウンドの別冊、県や市の冊子やパンフなどで取材・撮影・執筆。最近では地方の観光推進や移住化などのブレーンとしても活躍中。