雨の日の運転

良く晴れた日は景色もいいので、車を運転するのが楽しくなるでしょう。

とはいえ、運転する日がいつも晴れているとは限りません。

なかには雨の日もあるでしょうし、ひょっとしたら豪雨の中を運転しなければいけないこともあるかもしれません。

そんな雨の日は、晴れの日と同じように運転してはいけません!

雨の日は路面状況が一気に変わってしまうので、思わぬ危険が潜んでいるのです。

たとえば道路のマンホール。

晴れの日は特に気にしないマンホールですが、雨の日はタイヤを滑らせる原因になる危険なものです!

視界も悪くなるので、普段以上に注意して運転しなければなりません。

こうした雨の日の注意点は、自動車学校や免許合宿でもしっかりと教えてもらうことができます。

卒業後は忘れてしまいがちですが、雨の日の運転は危険がいっぱいなのでしっかりと覚えておきましょう。

これから自動車学校や免許合宿で免許を取得しようと思っている人は、そういったことにも注意して免許取得に臨んでください!