車内の暑さ対策

7月や8月ともなると、暑さは1年のなかでもピークを迎えます。

最高気温が30℃後半に達するような日もあり、暑さ対策に悩むことも多くあるでしょう。

熱中症のニュースも毎年のように流れるため、気を抜いてはいけません。

外を歩くときはもちろん気をつけなければなりませんが、暑さ対策は何も野外だけではありません!

たとえば車に乗っているときにも、暑さ対策は重要となります。というのも、夏は車のなかが40℃以上になることもあります。

注意すべきは、駐車中です。炎天下で駐車すると、車内の温度は一気に上がっていきます。

車によくないのはもちろん、子どもやお年寄りなどの健康にも影響を与えてしまいます。

サンシェードやカーフィルム、遮光カーテンなど対策はいくつかあるため、もしものときのために用意しておくのがおすすめです。

合宿免許で免許を取得すると、いろいろなところに行きたくなるものです。

気持ちよくドライブするためにも、暑さ対策はしっかりとするようにしましょう。