運転に適した靴

何事にも向き不向き、適切不適切はあります。

たとえばドレスコードがあるような高級レストランには、ジャージで行くことはできませんよね。

車の運転においても、適切な格好というものがあります。車の運転にとって重要になるのは、靴です。

運転に不適切な靴を履いていると非常に危険であるため、道路交通規則によって「履いてはならない」と

定められています。これを破れば罰則が課せられます。

運転に不適切とされている靴には、スリッパや下駄、厚底の靴などがあります。

こういった種類の靴は不安定であるためブレーキやアクセルをしっかりと踏めない可能性があり、

違反の対象となっています。

では運転に適しているのはどんな靴かというと、いくつか条件があります。

たとえば、足の動きを邪魔しない素材、靴底の薄いもの、

滑りにくいものなどがあげられます。フラットシューズやスニーカーであれば問題ないでしょう。

もちろん、免許合宿でも運転に適した靴を用意しておく必要があります。

免許合宿に参加する場合は、きちんと適した靴を用意しておくことが大切です。