最短日数で卒業するために

自動車免許を取得する際に、よく利用されているのが合宿免許です。合宿免許は最短14日程度という短い期間で免許が取得でき、さらに費用も安いことから注目を集めています。なお、最短14日ということは、14日で卒業できないこともあるということ。
合宿免許では合宿期間を延長することもできますが、できれば最短で卒業したいものです。とはいえ、合宿免許ではほとんどの場合で最短卒業することが可能です。ある教習所の話では、9割ほどの人が最短卒業しているようです。
 
では、どういった場合で最短卒業ができないのでしょうか。これは、体調不良や遅刻等で教習に参加できなかった場合が最も多いようです。合宿免許のスケジュールは期間中しっかりと組まれているため、1回でも遅れると取り戻すのは難しくなります。
学科の遅れであれば、ある程度は取り戻すことができます。しかし、技能教習は1日に2時限までと決まっているため、致命的といえます。
こういったことから、合宿免許を最短で卒業するためには授業を取りこぼさないことが大切です。