再取得の際の注意点

教習所に通ったり合宿免許を利用したり、きちんと教習を受けて試験に合格すれば運転免許を取得することができます。しかし、運転免許は永久に利用できるというわけではなく、有効期限が設定されています。
この期限を過ぎれば免許は失効となるため、教習所や合宿免許で取得した意味がなくなってしまいます。
もし失効してしまった場合には、免許の再取得をすることができます。
主な再取得の方法としては、一発試験と教習所への入所の2種類があります。
一発試験の場合、自分で試験勉強など準備をし、直接試験場で試験を受けます。一度で合格できれば費用が節約できますが、独学で勉強するのはなかなか難しいといえます。教習所を利用する場合、最初に免許を取得した時と同じなので、時間と費用の問題がクリアできれば簡単だといえます。
ただし、どちらの場合にしても一度失効になると欠格期間があり、この期間は免許を取得することができません。欠格期間は免許が失効になった経緯などによっても変わるため、確認しておきましょう。