燃料電池自動車とは何?ーくるまのあれこれ

自動車は何を動力としているかによって分類されます。たとえば、一般的な自動車はガソリンを動力としていますが、近年は水素自動車や電気自動車、それらのハイブリッドなど新しい種類の自動車が数多く登場しています。なかには、燃料電池自動車と呼ばれるものもあります。
FCVとも呼ばれる燃料電池自動車は、燃料電池内で水素と酸素を反応させて生み出した電力で走ります。電気自動車との大きな違いは自身で発電ができるという点にあります。そのため、電気自動車よりも航続距離が長く、ガソリン車よりエネルギー効率が高くなります。そんな素晴らしい特徴の反面、コストが高いことが課題にあげられています。

燃料電池自動車を始めとした、新しい自動車は次々に登場していきます。なお、こうした時代の先端を走る自動車を運転する場合も、やはり運転免許が必要です。とはいえ、時間もお金もなくて免許を取得できないということもあるかもしれません。そんなときには、合宿免許がおすすめです。合宿免許なら最短14日で免許が取得でき、費用も安く抑えることができます。これから免許を取得することを考えているのであれば、合宿免許を利用してみてはいかがでしょうか。