合宿免許に必要なものは?

最近では、合宿免許を利用して自動車の運転免許を取得する方が増えています。一般的な教習所に通う方法とは違って、合宿免許は短期間で免許を取得できることが人気の秘訣です。期間はおよそ2週間、AT免許であれば最短14日で免許を取得することができます。費用を安く抑えられたり、合宿という非日常的な環境で思い出作りができたりすることも、人気の理由です。

そんな合宿免許に参加するためには、いくつか用意しなければならないものがあります。ひとつは必要書類、もうひとつは身の回りのものです。必要書類には、住民票や身分証明書、支払証明書などがあります。これらを忘れると合宿免許に参加できなくなります。身の回りのものでは、筆記用具や運転しやすい服装・靴は最低限用意しておきましょう。また合宿施設という慣れない環境を快適に過ごせるよう、お気に入りのアメニティを準備しておくこともおすすめします。携帯電話の充電器などは施設によっては準備があるかもしれませんので、事前に施設に確認しておくと良いでしょう。