車運転免許証の番号の秘密ー免許のあれこれ

自動車の運転免許証には、名前や生年月日、住所などのさまざまな個人情報が書かれています。その個人情報のひとつに、12桁の番号があることをご存知でしょうか。この番号の数字はひとつひとつが意味を持っており、この数字からある程度の情報を読み取ることができるようになっています。
最初の2桁は公安委員会の番号を示しています。それぞれの都道府県で公安委員会の番号が決まっているため、最初の2桁で免許を取得した都道府県がわかります。次の2桁は、取得年を示しています。たとえば2016年なら、16と書かれています。次の6桁は、公安委員会の管理番号です。公安委員会ごとに番後の振り分け方法は異なるので、公的な規則性はありません。次の1桁は、チェックディジットと呼ばれる入力ミス確認用の数字です。そして最後の数字が、再発行回数となっています。
この数字が記載された運転免許を取得するためには、教習を受ける必要がありますが、最近よく利用されているのが合宿免許です。合宿免許では最短14日で免許を取得することができるため、まとまった時間が取れる方におすすめです。費用が安く、友達やカップルと参加することもできることから、思い出作りの一環として参加することもできます。