車酔い

教習所に通ったり免許合宿に参加したりして試験に合格すると、自動車の運転免許を取得することができます。初めてのドライブでは自分の運転を上手にこなすことに集中してしまいがちですが、ドライバーとして注意をしてほしいことに「同乗者の車酔い」があります。一般的にドライバーはあまり車酔いをしないといわれていますが、同乗者は必ずしもそういうわけではありません。
車酔いは、乗り物の揺れやスピードの変化が、人のバランスを司る三半規管を狂わせることから生じるといわれています。初心者ドライバーの運転は、急ブレーキをしたり、止まったり発進を繰り返したりと、同乗者の車酔いを引き起こす要因がたくさんあります。自分の運転技術を慢心せず、初めてのドライブのときには、乗車前に同乗者に酔い止めを飲んでもらうと良いでしょう。なお、空腹あるいは満腹状態で車に乗る、本やスマホの画面を見る行為も車酔いの原因になります。
本当に運転が上手なドライバーであれば、同乗者にほとんど車酔いをさせないといえるでしょう。免許合宿で学んだ知識を活かして、良いドライバーを目指しましょう。