飲酒運転の罰則

免許合宿を利用すると、最短14日で運転免許を取得することができます。一般的な通うタイプの教習所と同様に、免許合宿でも「交通規則」を習います。たとえば「酒気帯び運転の禁止」。世間でも問題になっている飲酒運転ですが、違反で捕まった場合にはどのような罰則があるのでしょうか。
飲酒運転で捕まった場合はドライバーだけではなく、同乗者、お酒の提供者、車両提供者それぞれに罰則があります。ドライバーの場合、飲酒の程度によっても変わりますが、懲役3年~5年、罰金50万円~100万円、違反点数13点~35点となります。車両提供者の場合、懲役3年~5年、罰金50万円~100万円が科せられます。お酒の提供者や同乗者は、懲役2年~3年、罰金30万円~50万円が科せられます。死傷事故を起こした場合にはさらに厳しい処罰があります。飲酒検査拒否にも罰則が科せられます。飲酒運転は周囲に危険なだけではなく、何より運転者自身の命が失われる可能性が大きくなります。事故を起こさないためにも、飲酒運転は絶対にやめましょう。