仮免許からの合宿免許

自動車免許の教習を受けていると、ある段階で仮免許の試験を受けることになります。

仮免許は路上教習を受ける際に必要とされるもので、これがなければいつまで経っても路上教習を受けることができません。

この仮免許は、仮免許の修了検定に合格した場合に取得することができます。なお、逆に免許を失効した場合も、仮免許保持者となります。仮免許のままでは自動車を運転することができないため、本免許の取得を目指すことになります。

 

合宿免許は、仮免許を取得している段階で入校することも可能です。たとえば仮免許まで合宿免許で教習を受けたものの、休暇が終わって宿泊ができなくなった場合。こういった場合、仮免許状態で合宿免許に再入校するケースがあります。通常の合宿免許は2週間程度で卒業となりますが、仮免許からの合宿免許であれば、さらに短い期間で卒業することができます。ある程度時間が取れるのであれば、仮免許からでも合宿免許を利用すると、素早く免許を取得することができます。