現地調達を有効活用

最短14日で免許を取得できることから、人気が高まっている免許合宿。免許合宿では2週間近く拘束されることになりますが、長期休暇を利用できる学生や、時間に余裕がある主婦などにおすすめの方法です。費用も一般的な教習所通いに比べて安く設定されているのも嬉しいポイントです。

 

免許合宿ではさまざまな持ち物が必要になりますが、それらをすべて自宅から持っていくとなると大変な量の荷物になります。宿泊先の環境によっても異なりますが、シャンプーやボディーソープ、洗剤といった消耗品の持参も必要になった場合、さらに荷物は重くなります。

そこでおすすめしたい方法が、消耗品は数日分だけを用意しておき、あとは現地調達するという方法です。宿泊先の周辺環境によっても変わりますが、近くにスーパーやコンビニがあれば大抵のものは揃います。また、現地でできた友だちと共同購入すれば、無駄なく使うこともできてお得です。免許合宿の荷物を準備する際には、現地調達も視野に入れましょう。