赤切符?青切符?

ものすごいスピードで走る車。その時、脇道からサイレンを鳴らし現れるパトカー。停止させると警察官がスピード違反の車の運転手に詰め寄っていく。

免許合宿に興味をお持ちの方にとっては、興味のある光景かもしれません。

なお、全ての反則行為がどれも同じ罰ではないということをご存じでしょうか。

免許証には点数制度があり、違反の種類によって減点される点数が異なります。なお、違反時に警察官から渡される切符も、点数により色が違うのです。

 

重大な違反に対して渡されるのが、赤い色をした赤切符です。赤切符は免許停止の処分が下されるほどの減点をされます。罰金を支払う必要があり、場合によっては刑事罰が発生し、前科がついてしまいます。

 

これに対して、信号無視などの違反の場合に渡されるのが青い色をした青切符です。青切符は免許が減点されて罰金も発生しますが、罰金を納めれば終了で特に刑事罰が発生することはありません。

 

また、赤と青とは別に白い色をした白切符もあります。こちらは非常に軽度な違反に対し渡されるものです。白切符は、免許の点数が引かれるだけで罰金はありません。

 

いずれの切符にせよ、どれも違反であることに変わりはないので、渡されることがないように教習所で教官からしっかりと勉強しましょう。