二種免許

自動車の免許には、いくつか種類があります。たとえばATとMTの違い。MTの免許を取得すればATとMTの両方に乗ることができますが、ATの免許ではATにしか乗ることができません。その代わり、ATはMTに比べて運転が簡単であり、免許取得の費用・期間が抑えられるというメリットがあります。

このような性格を持つ免許おして、二種免許があります。二種免許は一般的な一種免許とは異なり、乗客を乗せて運転する場合に必要な免許です。たとえばタクシーやバス、ハイヤー、介護タクシー、運転代行業に利用する自動車などを運転する際に必要とされます。

ただし、二種免許は、一種免許と取得条件が大きく異なります。二種免許の取得条件としては、「満21歳以上」「ほかの二種免許運転免許を持っている、または一種免許で運転経歴が3年以上ある」「深視力検査結果が2cm以下である」などがあります。

二種免許を取得する場合は、一種免許同様に教習所に通うのが一般的な方法です。それ以外にも、合宿免許を利用するという方法もあります。合宿免許はその名のとおり、合宿をしながら免許の取得を目指します。教習所に通うのに比べて短い期間で免許が取得できるため、まとまった時間がとれる方にはおすすめの方法です。