合宿の前には爪を切る?

合宿免許は、短期間で免許を取得できることから近年注目されている免許取得方法です。最短14日程度で免許が取得でき、その費用も安く設定されているため、主婦や学生から特に人気があります。この合宿免許を利用する際にはいくつか注意すべきことがあります。

たとえば「爪」。合宿前には、爪をしっかりと切っておく必要があります。合宿免許に限らず、自動車の教習を受ける際には、運転に相応しい格好でなければいけません。爪が長いとハンドルを握るのに支障が出るため、運転に相応しいとはいえません。そのため、事前にしっかりと切っておく必要があるのです。

「格好」に関していうと、露出の激しい服やヒールが高い靴、過度なアクセサリーなどは「禁止」になっている教習所もあります。ただし、ネイルに関しては、教習所によっても判断が分かれます。教習を受けるのに相応しくないからと禁止している教習所もあれば、運転に支障がない範囲であれば許可している教習所もあります。また、近年は女性の教習生も増えていることから、ネイルやヨガといったサービスを提供している合宿免許もあります。