合宿免許受講中の休みの日の過ごし方について

合宿免許の日程は、教習所によって差があります。一般的には13日間~17日間程度の期間が設けられており、自分の都合に合わせてプランを選ぶことができます。

例えば、17日間程度の長い日数でスケジュールが組まれている教習所では、週1日程度の休日が設けられていることがほとんどです。というのも、教習所が運営していない日は、運転教習が受けられないためです。しかし宿泊施設は営業しているので、教習がないからといって自宅に帰ったり、自分で宿泊施設を探したりする必要はありません。

休日に教習でたまった心身の疲れを取っておくことでより集中して教習に臨めるため、休日の過ごし方は非常に重要といえます。宿泊施設でゆっくり過ごすのもよいですが、シャトルバスなどを使って観光スポット巡りをしてみるのもおすすめです。教習所によっては休日を利用した観光ツアーが組まれていることもあり、合宿免許で知り合った仲間との思い出づくりにも最適です。

もちろん、学科試験に向けて予習・復習をしておくことも忘れてはいけません。休日明けの教習にしっかりついていけるよう、1日の終わりに学習時間を設けることも大切です。