運転免許で出来ること

運転免許に対して、みなさんはどんなイメージがありますか?

多くの方は、「車を運転するために必要な資格」といったイメージを持たれていることかと思います。教習所や合宿免許に参加される方も、車に乗ることを目的とされている方がほとんどです。

しかし、運転免許には車に乗れるようになること以外のメリットもあるんです!

 

そもそも運転免許は、教習所や合宿免許の教習を終えた後、試験場での試験をクリアした人だけに贈られるものです。試験を受けるには住民票などの書類も必要となり、結構な手間が掛ります。

それだけに、いざ運転免許が発行されると、それだけ価値のある資格となり、保険証などと同じレベルの身分証明書になってくれるんです。保険証と住民票の2つが必要になる手続きでも、免許証があれば一枚で手続きを終えることができたりもします。

また、運転免許があれば、仕事の幅が増えるのも事実です。

タクシードライバーやバス、トラックの運転手になることもできます。

また、移動の多い営業職なんかも、運転免許があるとないとでは採用の確率が変わってくるみたいですね!

 

車が運転できるようになるのはもちろん、生活的にも仕事的にも、運転免許は絶対にあったほうがいいです♪

まだ運転免許を持っていないという方は、教習所や合宿免許で教習を受けて、免許取得を目指しましょう!!