AT?MT?

教習所や合宿免許で運転免許の取得を目指すとき、まず決めなければならないことがあります。

それは、運転免許をATにするか、MTにするかという選択です。

 

まだ教習所や合宿免許へ通っていない方や運転免許を持っていない方の中には、ATとMTについてご存知ない方もいるかもしれませんね。

ATとは「オートマ車」、MTとは「ミッション車」のこと。

 

ATとMTの違いは、自動車の運転操作方法にあります。

ATにはクラッチがついておらず、その分、運転操作が簡単です。

MTはクラッチがついている分だけ運転がATより複雑になります。

 

ここまでの話を聞けば、ほとんどの方は「絶対ATのほうがいいじゃん!」と思いますよね。

 

でも、ATにはデメリットがあります。それは、MT限定の車に乗れないということ。

実は、スポーツカーなんかはほとんどがMT車。

有名なフェラーリやポルシェなんかもMT車が基本です。

そのため、ATの自動車免許を取得してしまえば、MT車の免許を取りなおすまではAT車にしか乗ることができないんです。その点、MTの自動車免許を取得すれば、AT車とMT車の両方に乗ることができます。

 

「私は生涯AT車だけにしか乗らない!」と断言できる方はATの自動車免許でもいいといえますが、「いろんな車に乗りたい!」という方は、将来のことを考えてもMTの自動車免許を取得しておいたほうがいいかもしれませんね♪