応急救護とは

免許を取りたいと思って教習所に通うと、学科と技能の両方を学ぶことになります。

頭で学び、実際に車を運転することで、免許取得に必要な知識や技術を学ぶのです。

しかし、教習所で学ぶのはそれだけではありません。

教習所では、そういった車を運転するための知識や技術とは別に、応急救護についても学びます。

これは、合宿免許であっても同じことです。

応急救護とは、事故現場などに居合わせた場合に、ケガをした人に対して行う一時的な処置のことです。

特に有名なのが、人工呼吸でしょう。

テレビなどでも、交通安全の研修の一環でこうした応急救護を学んでいるシーンを見たことがあるかもしれません。

応急救護は自動車教習において必須となっているもので、これは自動車の事故でそういった場面に遭遇する可能性があることを意味しています。

実際にそういった場に出くわすと、救護について知っていても完璧にこなせるかはわからないものです。

ですが、知らないのと知っているのとでは助けられる確率は大きく変わってくるため、合宿免許では応急救護についてもしっかり学びましょう。