カーシェアとレンタカーの違い

教習所や免許合宿で免許を取得した!となると、次は車を手に入れる必要があります。

もともと家で使っている車があれば問題ありませんが、ない場合には新しく購入する必要があります。

とはいえ、車は高いものであるため、そう簡単は購入できません。

そこで、カーシェアやレンタカーというのもひとつの選択肢になります。

ところで、カーシェアとレンタカーは何が違うかご存知でしょうか?

同じようなものに思えるかもしれませんが、このふたつにはいくつか違いがあります。

ひとつは、ガソリン代の有無。

カーシェアの場合は利用料にガソリン代が含まれているため、ガソリン代は別途必要ありません。給油は指定のスタンドで行います。

一方のレンタカーはガソリン代が必要で、使用後はガソリンを満タンにして返す必要があります。

また、時間設定も異なります。

レンタカーは基本的に6時間程度からの利用となりますが、カーシェアでは15分単位で設定されていることが多くなっています。

カーシェアとレンタカーは似ているようで細かく違うので、利用する際には自分に合った方を選ぶようにしましょう。