スピード違反にはくれぐれも注意!

教習所に通ったり合宿免許を利用したり、免許取得のためには教習を受けなければなりません。

教習には実際に運転を行う実技のほかに、交通ルールなどについて学ぶ学科があります。どちらを疎かにしても卒業することはできないため、しっかりと勉強しなければなりません。

ところが、教習所を卒業したあとには交通ルールを疎かにしてしまうことがしばしばみられます。その代表的な例としてあげられるのが、スピード違反です。

警察官が道路でスピード違反者のチェックをしている際に、これに捕まる人は後を絶ちません。スピード違反は交通ルールの違反であるため、もしも見つかれば罰金や点数といった罰則を受けなければなりません。

事故を起こした際に違反が発覚すると罪はより重くなるため、スピード違反にはくれぐれも気をつけましょう!

悪質な違反の場合には、免許の取り消し処分も考えられます。安全・安心な運転を実現するためにも、交通ルールは守りましょう。