踏切での運転

日常的に車を運転している方であれば、多くの場合、踏切での運転を経験したことがあるでしょう。

その際、注意しなくてはならないことがあります。それは、「一時停止」です。

踏切を通過する際は、通過する前に必ず一時停止をする必要があります。

「カンカンカンカン」と警報機が鳴っていたり、遮断機が下りていたりする場合に一時停止をするのは当然ですが、

それらがなくても一時停止をする必要はあります。スピードを落とすだけではいけません。必ず、一時停止をする必要があります。

停止線がある踏切であれば、その停止線に従って停止線の手前で一時停止をしましょう。

停止線のない踏切であれば、踏切の手前で一時停止をするようにしましょう。

こうした踏切での運転は、免許合宿で学ぶことができます。免許合宿であれば、約2週間という短い期間に

集中して運転のノウハウが学べるため、踏切での運転の仕方もしっかりと学ぶことができます。