免許証の写真の決まりー合宿免許のあれこれ

自動車の運転免許を取得すると、各種手続きを行って免許証を発行してもらいます。
このとき、免許証に使うための写真を撮らなければなりません。
この写真はどんなものでもいいというわけではなく、きちんとした規定があります。
たとえば、6カ月以内に撮影したもの、無帽・正面・上三分身・無背景のもの、縦3センチ・横2.4センチのもの、裏面に撮影日と氏名を記載する、などがあります。
ほかにも、ヘッドホンやイヤホンなどを外す、人物は適切な大きさで写す、輪郭が隠れない服装など細かい規定はさまざまなので、撮影前にきちんと確認しておきましょう。

運転免許を取得するには教習所で教習を受けるのが一般的ですが、最近では合宿免許が人気です。
合宿免許は最短14日間で免許を取得することができるため、まとまった時間をとれるならすぐに免許を取得することができます。
今すぐに免許がほしい、集中して教習を受けたいという方でまとまった時間がとれる方は、ぜひ合宿免許をご利用ください。