車のキズの消し方ー免許取得後のいあれこれ

合宿免許などで免許を取得したあとに自動車を運転すると、思った以上に小さな傷がつきやすいことに気が付きませんか。日常生活で運転をしていると、大きな事故はしていなくても、いつの間にかバンパーやボディに傷がついていることがあります。しかし、小さな傷に対していちいち修理に持っていくのは面倒であり、お金もかかります。そんなときは市販の傷消し用品を使ってみるのがおすすめです。傷消し用品にはさまざまな種類があり、それぞれ違った特徴があります。
ちょっとした傷であればコンパウンドがおすすめです。コンパウンドは塗装をするのではなく、傷の部分を磨くことで目立たなくします。塗膜が剥がれる程度の傷であれば傷消し用スプレーが便利です。スプレータイプなので液垂れする心配もなく、不慣れな方でも簡単に塗装ができます。もしも広範囲を補修するスプレーを使いこなす自信がない場合は、小回りの効くペンタイプをおすすめします。もしもの大事な出費に備えて、自分でできる修理は節約しましょう。