教習所を探す

  • エリアから探す

     
  • 合宿免許の種類で探す

  • 条件から探す

  • 2019年2月・3月に卒業できる合宿免許プラン

格安料金プラン

※すべてAT限定免許の価格です。

おすすめプラン

合宿免許空席情報

合宿免許空席情報

メールでのお申し込みはコチラ

  1. おすすめ空き情報

    キャンペーン実施中!!

    お問い合わせおまちしております。 その他の情報もご案内可能です! お急ぎの方はお電話で即ご案内! 0120-218-041       無料パンフ希望の方はコチラ▼ http://www.gasshukuhikaku.com/request/   キャンペーン情報はコチラ▼ http://www.gasshukuhikaku.com/campaign/value/          

人気の合宿免許教習所・日程に空きが出ました!
先着順で無くなり次第終了となりますのでお急ぎください!
上記以外にも長期休暇期間で合宿免許教習所のご案内がまだまだ可能です。お早めにお問い合わせください。

合宿免許を体験したみなさんの声

ドキドキわくわく!高知満載の2週間合宿

VOICE 01

ドキドキわくわく!高知満喫の2週間合宿免許

四国初上陸!カツオのたたきや、アイスクリン、観光など高知を満喫!免許も取れて充実の2週間を過ごせました!

友達と一緒に合格!満足の鹿児島合宿免許

VOICE 02

友達と一緒に合格!満足の鹿児島合宿免許!

不安でいっぱいでしたが、いざ実習が始まると運転する時間があっという間に過ぎるぐらい楽しく過ごせました!

笑って凹んで合宿免許

VOICE 03

笑って凹んで合宿免許 \(^o^)/

男友達と3人、ワイワイはしゃぎながらも時に真剣に、時に仮免で落ちてへこみながらも無事合格しました!

合宿免許とは

一定の期間宿泊施設に滞在し、運転免許取得のための教習を集中して受けるのが「合宿免許」です。
通学免許とは異なり、合宿免許ではあらかじめスケジュールが組まれているので効率よく教習が進むのが特徴です。

メリットたくさん!合宿免許

合宿免許(宿泊滞在型)プランは、宿舎に泊まることで短期間に集中して運転免許を取得するものです。
合宿免許のプランにはみんなで一緒に楽しく共同生活する相部屋プランと、シングルやツインなどプライベートを重視したプランがあります。
もちろん食事付き。合宿免許では休みの日にちょっとした旅行気分が味わえます。

POINT01 早く!確実に!短期取得

POINT02 滞在費用込みの安心価格パッケージ料金

※合宿免許のカリキュラム以外の教習や追試などは、別途費用が必要になります。
合宿先・時期によっては、別途宿泊費・交通費・食事代が必要になる場合がございます。
特典に関しては合宿免許の教習所ごとに変わりますので、詳細はお問い合せください。

POINT03 出発から帰宅まで補償 国内旅行損害保険

POINT04 息抜きも大切です♪自由時間

合宿免許ではアフタースクールで自由時間を満喫することができます!
教習所仲間とのコンパや、グルメ・観光スポットめぐり。
テニスやサイクリングなどあなたの趣味に合わせて教習所選びができることも合宿免許の魅力の一つです。

※入校特典に関しては各合宿免許教習所ごとに変わりますので、詳細はお問い合せください。

各教習所 オリジナル入校特典も満載です!

POINT05 マンションやホテルからも選べます!選べる滞在スタイル

ホテルツイン・シングルプラン

2~6名部屋

合宿免許教習所の専用宿舎など2~6名の相部屋でワイワイ!

ツイン・シングルプラン

ホテルツイン・シングルプラン

合宿免許ではシティホテルやビジネスホテルにも宿泊できます。
ちょっぴりリッチな気分に。

マンションツイン・シングルプラン

ツイン・シングルプラン

合宿免許ではプライベートを重視したプランもあります。
お友達と一緒に宿泊可能♪

マンションツイン・シングルプラン

マンションタイプも合宿免許宿泊プランの一つです。
オフタイムを大切にしたい方向け。

宿泊費や食費も含まれるのに、合宿免許はなぜ安い?

合宿免許の費用は、宿泊費や食費も含まれた料金設定が一般的です。しかも、通学で取得するよりも安い料金で提示されているところが多数派になっています。なぜ、合宿免許はこんなにも安いのでしょうか?それには3つの理由があります。1つ目の理由は、「スムーズに大勢の生徒を受け入れられること」です。通学で免許を取得する場合には、受けたい教習の予約を取らなければなりません。そのため、生徒の数が多すぎると受け入れることができなかったり、逆に空席ができてしまったりします。しかし、合宿免許なら車や学科の空席を少なくして、一度にたくさんの生徒を受け入れることが可能です。2つ目の理由は、「合宿免許は最短で卒業できるスケジュールになっているため、無駄がないこと」があげられます。3つ目の理由は、「空いている時期を中心に開講している場合が多いこと」です。合宿免許では長期の連休中などに免許を取得する生徒が集中するため、その他の時期は自動車学校も空いていることがあります。
教習所の立場からみると、こうした閑散期でも生徒を集めたいものです。そこで、有効に活用するために合宿免許を開講することで、一度に多くの生徒を集めているのです。通学する生徒数も少ないため、合宿のほうに力を入れても低コストで開講できるため、合宿免許では宿泊費や食費を含めても安い料金で提供することができます。

合宿免許で免許取得!最短でどれくらい?

合宿免許は安いだけではなく、集中して受けることにより最短日数で卒業できることも大きなメリットです。しかし、短期間で免許を取得できる、ということは聞いたことがあっても、実際に合宿免許では何日間で取得できるのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。合宿免許での免許取得までの最短日数を確認しておきましょう!結論から言うと、合宿免許の最短日数は「普通車AT免許なら、14日間」、「普通車MT免許なら、16日間」となっています。合宿免許でどうしてこの日数で取得できるのか、詳しい理由もみていきましょう。
まず自動車免許を取得するためには、2つの段階をクリアしなければなりません。1段階は、技能教習15時限(普通車ATの場合は12時限)、学科教習10時限となっています。次に2段階は、MT・ATどちらも技能教習19時限、学科教習16時限を受けることが必要です。そして1日に受けられる技能教習の数は法令で決められていて、1段階では「1日に2時限」、2段階では「3時限」となっています。合宿免許のカリキュラムは、こうした制限をもとにして教習所が決めているため、もっと早く進めるということはできません。検定に落ちてしまうと、さらに日数がかかってしまうため、ひとつひとつの課題をしっかりとこなしていきましょう。

合宿免許に必要な持ち物・あったほうがいい持ち物

合宿免許に必要な持ち物

合宿免許では、必ず持っていかなければならない持ち物があります。合宿に申し込む前に、以下の持ち物を忘れずに用意しておきましょう。

身分証明書もしくは他の免許証 初めて免許を取る人は健康保険証・パスポート・住民基本台帳カードなどの身分証明書を、既に二輪免許など他の免許を取得している人は、その免許証を持参しましょう。
住民票 合宿免許教習所の入校には、本籍地が記載されている住民票も必要です。外国籍の方は国籍が記載されているものを用意しましょう。
印鑑 認印として印鑑が必要です。スタンプ式のゴム印などは使えないため注意しましょう。
健康保険証 身分証明書としても使えますが、合宿中に怪我や病気などで病院に行くことも考えられるため、必ず持参しましょう。
筆記用具 合宿免許では学科教習を受けたり、受付での記入に使ったりするため、ペンや鉛筆ノートなどの筆記用具も持参しましょう。
現金やキャッシュカード 合宿免許では宿泊費や食費込みでも、休憩時や外出中に飲み物を買ったり、近くに遊びに行くためにバスに乗ったりすることもあるでしょう。また、試験の手数料や免許証交付などの発行費が必要になります。
着替え 合宿免許では最短でも14日間は滞在するため、着替えの用意も必要です。技能教習や洗濯のことも考えて、動きやすく持ち運びやすい服装を心がけましょう。
メガネやコンタクトレンズ 視力の基準を満たさない場合は、入校できないため視力矯正が必要な人は、忘れずに持参しましょう。

合宿免許で便利な持ち物

必要ではありませんが、合宿免許に持っていくと役立つ持ち物も紹介します。

洗面道具 合宿免許では宿舎に歯ブラシ、タオルなどが用意されていないこともあるため、念のために用意しておくとよいでしょう。
携帯薬 風邪薬や頭痛薬、酔い止めなど、体調不良に備えておきましょう。
季節の用品(マスクやカイロなど) 合宿所・教習所周辺は、郊外にあることが多く、思っていたよりも寒かったり、花粉症が気になったりすることも考えられます。
延長コード、電源タップ スマホやタブレットの充電など、何かと必要になります。コンセントが少ない場合に備えて、電源タップも用意しておくと万全です。

合宿免許では自分に合ったプランを選ぶことが大切

自分に合ったプランを選ぶことが大切

免許の取得といえば、最短でも1~2ヶ月教習所に通って教習を受けて、というのが一般的な方法です。これとは別に、現在は合宿免許の人気が高く、利用者も増えています。合宿免許では通常の教習とは違い、毎日1日中教習を受けることができるため、最短2周間程度で免許を取得することができます。
このように短期間で免許を取得できることが合宿免許の大きなメリットですが、最低でも2週間程度は合宿所で過ごさなければいけないため、教習所・合宿所選びも大切です。免許の取得さえできればいいと考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、合宿免許での2週間の合宿期間は人によっては心身ともに少なからず負担があるかもしれません。そんななかで合わない教習所・合宿所を選んでしまうと、肉体的・精神的な疲労はより大きなものになる可能性があります。教習所側もそうした受講者たちの状況を理解しているため、現在の合宿免許ではさまざまなプランのなかから自分に合ったものが選べるようになっています。各教習所によっても準備しているプランは異なるため、合宿免許では自分に合ったものをきちんと選べるようにしましょう。
とはいえ、合宿免許を行っている教習所の数は多く、ひとつひとつチェックしているとかなりの時間がかかってしまいます。決して効率的な方法だとは言えず、結果適当に選んでしまうということも。そんなときには、ぜひ日本合宿免許予約センターをご利用ください。日本合宿免許予約センターなら全国のおすすめの教習所をさまざまな条件から検索することができます。合宿免許の激安プランや、格安プランも多く準備しているので、探す手間を大きく省くことができます。

豊富な検索項目でぴったりの合宿免許教習所を見つける

豊富な検索項目でぴったりの教習所を見つける

一般的な教習とは異なり、短期間で免許を取得できるというのが合宿免許の魅力です。そのため、合宿免許を利用する一番の目的は当然ながら免許の取得ということになります。しかし、合宿所で2週間程度過ごす間、1人でずっと教習のことばかりを考えるというのは精神的に辛いことかもしれません。合宿免許では、教習以外の時間をどのように使うのかも大切になってきます。そういったことから、合宿免許では観光を第二の目的に据えることも少なくありません。合宿所や教習所の近辺にはおすすめ観光スポットがあることもめずらしくないので、周辺情報をきちんと調べれば休校日も満喫できるでしょう。
また、合宿免許は一般の教習に比べて費用が安いことも魅力です。そのため、免許取得のための費用の節約を目的に参加している人も多くいます。そのため、合宿免許のプランのなかには費用を抑えられるような激安・格安プランのものも用意されているのです。
このように、合宿免許に参加する目的や求めるものは個人によってさまざまです。これらのニーズに対応するために、教習所側もさまざまな合宿免許プランやコース、キャンペーンといったものを展開しています。日本合宿免許予約センターでは、これらの合宿免許プランやコース、キャンペーンに合わせて検索ができます。たとえば学割が利用できるプランであったり、1人の時間を確保できるようなプラン、食事が人気のプラン、カップルで利用できるプランなど、さまざまな項目で検索をすることができます。この検索機能を利用すれば、ひとつひとつのプランを順に確認する必要なく、手早く目的の合宿免許教習所を見つけることができるのです。また、日本合宿免許予約センターでは、地域別におすすめの合宿免許教習所を検索することも可能です。旅行も兼ねて、行きたい地域の教習所を選ぶという方法もおすすめです。
検索から予約までが非常にスムーズなので、煩わしさを感じることはないでしょう。

合宿免許への疑問や不安をそのままにしないサポート

疑問や不安をそのままにしないサポート

検索によって教習所を簡単に見つけることはできますが、なかにはそこに記載されている情報だけでは物足りないと感じることもあるかもしれません。せっかく目的に合った合宿免許の教習所が見つかっても、詳細がわからなければ1人で行くのが不安に感じてしまいます。日本合宿免許予約センターでは、そういった場合に資料を請求することができます。それも各合宿免許の教習所の詳細ページから、24時間いつでも簡単に申し込むことができるのです。
合宿免許は通常の教習とは違い、一度決めれば2週間程度拘束されるので慎重に選ばなければいけません。1人で疑問や不安を抱えたまま予約するのも怖いため、不明な点などあればすぐに確認するべきです。日本合宿免許予約センターなら、そういった疑問や不安を解消できるフリーダイヤルがあります。何かわからないことがあれば、どのようなことでもぜひご相談ください。

1.免許合宿を選ぶポイントとは?

免許合宿を選ぶときには、いくつかのポイントをおさえておくことが大切です。ここでは、どのような内容を見ておくべきか、紹介していきます。

1.プランと保証の内容

免許合宿を選ぶときは、まずプランと保証の内容を確認しましょう。講習や試験に落ちてしまうと、追加の講習料が必要になります。ですが、免許合宿プランの内容によっては講習や試験に失敗してしまっても、規定回数までは追加料金が必要ないこともあります。 免許合宿のスケジュールによっては、講習料金だけではなく、追加の宿泊費もあるので注意が必要です。1回で合格する自信がない方は、保証の内容が充実したプランを選びましょう。

2.宿泊施設や食事

免許合宿の宿泊所は、教習所専用の宿舎を用意しているところもあれば、ホテルや旅館の1室を用意していることもあります。参加者数人で宿泊する相部屋がスタンダードですが、1人用の個室や、カップル・友人用のツインルームを選べることも多いです。 料金を低くおさえたい場合や他の参加者と一緒に学びたいなら相部屋、勉強や睡眠の時間をしっかり取りたいなら個室を選びましょう。そして、食事の内容にも注目!3食付きで美味しい地元の食材が楽しめるプランもあれば、自炊で料金を抑えられるプランもあります。

3.施設周辺の環境

宿泊施設だけではなく、その周辺の環境も重要なポイントです。免許合宿では自由時間が多いので、こもって勉強するつもりの人でも、息抜きに出かける機会が自然と多くなります。歩いて行ける範囲にレジャー施設があるか、食べ歩きが可能かといった周辺情報もチェックしておきましょう。 また、他の施設から離れている場合でも無料の送迎バスが利用できたり自転車の貸し出しがあったりする教習所もあるので、その点も要チェックです。特に自炊プランを選んだ場合は、買い出しや外食に出る必要があるので、近くにコンビニなど買い物ができる施設があるかチェックしておくと便利です。

2.免許合宿の最短での卒業は約2週間

免許合宿の最短期間は約2週間です。普通MT車の最短日数は17日間(16泊17日)、普通AT車の場合は、15日間(14泊15日)で卒業となります。教習所と受ける時期によってはより短い日数で卒業できますが、ほとんどの場合はこの日数を目安と考えてください。
また、仮免保有者や自動二輪免許を持っている場合は、学科教習の免除などで最短日数が変動する場合もあります。一方で仮免試験に通らなかったり、乗り越し(復習)が発生したりした場合は最短での卒業はできません。 検定で不合格になった場合、その日のうちに試験を受けることはできないので、次の試験日まで待つ必要があります。検定日は毎週決まった日に行われるので、2~3日の延長となるでしょう。
ほかにも、教習所が休校日を設定している、夏休みなど混み合う時期は必要な日数を長めに設定している場合も最短日数が伸びてしまいます。免許合宿を申し込む時は費用だけでなく、卒業予定日もしっかり確認しましょう。

3.免許合宿の費用が安いのには理由がある!免許合宿の費用相場

免許合宿がどういうものかイメージが湧かない人もいるかもしれないので、まずは免許合宿の特徴を踏まえてから具体的な費用例を解説します。

免許合宿の特徴

免許合宿は、教習所が用意した施設に泊まりながら、短期間で免許を取得する方法です。施設は教習所に付属した合宿所を利用するところもあれば、ホテルや民泊など近くの宿泊施設を用意しているところもあります。 参加者数人で一緒に泊まる相部屋がスタンダードですが、個室を利用できることもあります。免許取得までにかかる期限は、最短で2週間です。そして免許合宿では宿泊費用を含めても、通学免許と比べて安いというメリットがあります。

免許合宿が安い理由

免許合宿の安さには、2つの理由があります。1つめの理由は、教習所が予めスケジュールを決めておけることです。通学免許の場合は、1回の教習に予約が集まりすぎて、その逆に人が少なかったりキャンセルが出たりして無駄が出てしまいます。 しかし、スケジュール通りに教習を進められる免許合宿なら、教官や教習車の数と生徒の数が釣り合わずに、無駄が出てしまうことがありません。さらに2つめの理由として、短期間で卒業させたら、すぐに新しい生徒を受け入れられます。回転率が上がれば利益も増えるので、費用を低くしても問題ないのです。

免許合宿の費用例

次は実際の免許取得にどれぐらいの費用が必要か、免許合宿と通学合宿を見比べながら確認していきましょう。ここでは首都圏で人気が高い、那須自動車学校で、相部屋・安心保証付きでAT免許を取得する場合を例に取り上げます。MT免許を取得する場合は、プラス16,200円です。

■通学プラン

273,826円(税込)

■免許合宿プラン

・4/1~7/18,9/8~10/31入校: 237,600円 ・7/19~7/25入校:259,200円 ・9/1~9/7入校:270,000円 ・7/26~8/7,8/16~8/31入校: 288,360円 ・8/8~8/15入校: 311,040円 ※すべて税込み

4.是非とも持っておきたいアイテム

まずご紹介するのは、ふたまた以上のコンセントプラグです。合宿免許では宿泊する場所によっても異なりますが、大抵の場所にはコンセントが用意されています。2週間程度の生活では当然携帯電話の充電もしなければいけませんし、ドライヤーやシェーバーといったものを使う人もいれば、ゲームやパソコンを使う人もいます。コンセントの数は場所によっても異なりますが、それほど大量に設置されていることは稀なため、前述のように多くの電子・電気機器を使用する場合にはまず足りなくなります。
そういった事態を想定して、コンセントプラグをひとつ持っていくと便利です。特に相部屋の場合は重宝します。 意外に忘れがちなのが、腕時計です。 近年は携帯電話やスマートフォンが普及しているため、時間の確認もこういったものを使うという人が多いかと思います。
しかし、合宿免許に参加する際には腕時計を持っていくと非常に便利なのです。というのも、教習の最中には携帯電話やスマートフォンは電源を切るのがマナーですし、座学の授業中もこれらを見るのはマナー違反でしょう。腕時計があれば、こうった状況でも現在の時間を知ることができます。合宿中は時間を守らなければいけないこともあるため、すぐに時間が確認できる腕時計は便利なのです。 相部屋プランで合宿免許に参加する場合、耳栓やアイマスクも持っておくと便利です。
自分ひとりで1部屋を使うシングルプランなら問題ありませんが、複数人で1部屋を使う相部屋プランであれば同居人のいびきが気になることもあります。集中力が必要な教習において、寝不足は大敵です。もしものときの対策に、耳栓を用意しておきましょう。同じく、就寝時に電気をどうするかも同居人との問題のひとつです。こういった問題も、アイマスクを用意しておけば解決できます。

5.MTとATで教習の時間が変わる!合宿免許の期間とスケジュール

免許を取得しようと思っても、具体的にどれくらいの期間や時間を費やすのかがわからない方も多いことでしょう。
それに、免許を取得するまでの期間はMT車の免許の場合とAT車の免許の場合によって異なりますし、教習所に通って免許を取得する場合と合宿所に行って免許を取得する場合によっても異なります。AT限定免許の方が早く免許の取得ができるMTとAT限定の免許は、どちらも教習所や合宿免許で取得できます。免許取得までの流れはどちらもほとんど変わらず、学科や技能教習の内容もほぼ同じです。
では、MTとAT限定で教習時間に差があるのはなぜでしょうか?答えは、技能教習の時限数にありました。

MT車・AT車の教習時間の違い

①MT車免許の教習時間

学科教習 技能教習
第一段階 10時限 15時限以上
第二段階 16時限 19時限以上
合計時間 26時限 34時限以上
総合計時間:最短で60時限

②AT車限定の免許の教習時間

学科教習 技能教習
第一段階 10時限 12時限以上
第二段階 16時限 19時限以上
合計時間 26時限 31時限以上
総合計時間:最短で57時限

上の表を見ると、AT限定の場合、第一段階での技能教習の時限がMTよりも短いことがわかります。
MTの場合、シフト操作のための技能教習も割り当てられているのですが、AT限定の場合はシフト操作をすることがないため、その分割り当てられている時限数が少ないのです。

6.合宿免許は断然カップルプラン!恋人と一緒に楽しく免許を取る秘訣

恋人と一緒に合宿免許を利用したいと思うあなたにピッタリなのが、カップルプランです。男女で利用できるカップルプランは、恋人だけでなく、夫婦で免許を取りたい方や兄妹で利用したい方にも人気があります。
こちらでは、どのようなプラン内容なのか、どんな施設に宿泊することになるのか、詳しく説明するので参考にしてください。また、カップルプランの料金や、メリット・デメリット、利用時の注意点についても知ることができますよ。

7.バイク・自動車免許は何歳から免許取得できる?

バイク免許の場合、16歳から取得することができます。15歳(中学3年生)でも教習所への入校が可能ですが、卒業検定時(技能最終試験)には16歳の誕生日を迎えていなければなりません。自動車教習所によっては16歳の誕生日の1か月前、合宿免許であれば誕生日の1週間前から入校可能なところが多いです。
早めにバイク免許を取得する場合、講習の流れは以下になります。

教習所入校~第一段階(学科/校内技能)→15歳
第二段階(学科/校内技能) →15歳
卒業検定(技能最終試験) →16歳
教習所卒業→16歳

普通二輪免許MT車(所持免許なし)を取得するには学科26時限、技能19時限以上の教習を行う定めがあり、順調にいけば最短9日間で卒業・免許取得することができます。16歳の誕生日と同時に免許を取得したいと考えているなら、教習所に相談して最短で卒業できるスケジュールを組んでもらいましょう。"