• 激安・格安キャンペーン
  • 15000円割引実施中

いざ比較!合宿免許と通学免許、双方のメリット・デメリット

免許の取得方法には大きく分けると合宿免許か通学免許の2つが挙げられます。これから免許を取得される方にとってはどちらを選ぶか迷っている方もいるのではないでしょうか。
どちらを選択しても免許を取得することは可能ですが、より適した選択ができるように、それぞれのメリットとデメリットについて比較しながらみていきましょう。

通学免許のメリット・デメリット

通学免許は自宅から自動車教習所まで通いながら免許を取得することができます。合宿免許と比較して大きなメリットと言えるのは時間を柔軟に使うことができるということでしょう。学生や社会人の方でも自分の空いた時間を利用することで通うことが可能です。
教習には学科の試験がありますが、自分のペースでじっくり勉強することができるため試験にも合格しやすくなります。 通学免許は合宿免許と比較してマイペースに自宅から通えるなど普段の生活に負担が少ない反面、免許取得までに時間がかかってしまうデメリットがあります。
繁忙期になると乗車予約が取りづらくなったり、思うような時間帯に空いていなかったりすることも珍しくありません。また、気分次第で予約をキャンセルしたり、なかなか予約が取れずに期間が空いたりすると技能が上達しづらくなります。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリットには通学免許に比べて短期間で取得できることがあります。これは入校から卒業までの間のスケジュールが決められており、技能教習の予約を行うといった手間もないためです。
さらに免許取得までにかかる費用を抑えることができます。合宿免許では教習に関連する費用の他に宿泊や食事が付いているにも関わらず、通学免許と比較しても安価なプランを提供している教習所もあります。交通費の節約にもなりますので費用面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。 合宿免許のデメリットとしてはスケジュールが決められている分、その期間はまとまった休みが必要となります。学科や技能の進行も合宿のプラン通りに進められるため、自分のペースを重視する方には不向きです。
また、基本的には合宿期間中に自宅に帰ることもできませんので注意しましょう。

合宿免許と通学免許を比較した場合、免許を取得するまでの期間を重視するのか、普段の生活や柔軟性を重視するかによって適したものが変わってきます。また、自動車学校まで自宅から通う場合には交通面の考慮も必要です。自宅から通いにくかったり、時間がかかったりする場合には通学免許のメリットは薄くなってしまいます。料金プランについては教習所によって変わりますので、立地や免許取得までの期間の希望を明確にしてから比較すると良いでしょう。