• 激安・格安キャンペーン
  • 15000円割引実施中

合宿免許生活の1日の過ごし方|快適な合宿にするためには

合宿免許に参加する場合、どのような一日を過ごすことになるのか疑問に感じている方も少なくないでしょう。免許の取得には一か月以上かかるものですが、合宿免許なら半分以下の二週間程度で取ることが出来ますのでメリットは大きいです。
ただ二週間は団体で行動することになりますので、快適な合宿にするためにも一日の過ごし方について事前に考えておくことをお勧めいたします。

合宿期間中の1日の流れ

合宿免許の期間中は基本的に朝8時頃には朝食をとることになります。週に一回は朝礼がある教習所もあるので事前に確認しておきましょう。そして9時頃から教習が始まり、10時には学科教習があります。11時からは自由時間になることが多いです。
さらにもう一時間ほど学科教習をしたら昼食をとります。13時半から14時ぐらいから二回目の技能教習を行って、15時頃から再び学科教習があります。16~17時頃になると最後の技能教習をして18~19時から夕食です。あとは空き時間になりますのでゆっくりと自由な時間を過ごすことが出来るようになります。これが合宿免許期間の基本的な一日の過ごし方になります。
結構ハードなスケジュールではありますが、少しずつ慣れてくるので何の心配もいりません。短期間で免許を取得したい方は是非参加してみてください。

空き時間の上手な使い方は?

午前中から夜まではそれほど空き時間がないのですが、夕食のあとには自由な時間が作れるようになります。普段と同じような過ごし方は出来ませんので、どうやって空き時間を有効に使うべきか悩んでしまう方もいらっしゃいます。一番多いのは、空いた時間に自習をすることです。たった二週間で試験を受けなければいけませんから、空いた時間には勉強している人たちがとても多いです。疲れてしまった時は早めに休んだり、用意されている雑誌や本などを楽しむという方法もあります。
教習所によっては温泉施設を利用することが出来たり、旅行気分を味わえるような場所もあるので消灯時間まで満喫するのも良い方法です。学科教習の自信がない方はやはり予習や復習をしたり、空き時間を上手に使って勉強することをお勧めいたします。ただ翌日も朝から教習があるため早めに寝るようにしましょう。

合宿免許の期間中は団体で行動しなければいけないので、一日のスケジュールを把握して事前に過ごし方について考えておくと良いです。毎日技能と学科の教習が何度もあってスケジュールが詰まっていますが、空き時間も作れます。試験のために自習をしたり、温泉施設などがあれば旅行気分で楽しむことも出来ます。空いた時間を上手く使うためにも、自分に合った過ごし方を考えてみてください。