• 激安・格安キャンペーン
  • 15000円割引実施中

料金格安!合宿免許が財布・通帳に優しい理由

合宿免許は便利そうだけれども、どのように申し込んだらいいのか分からないなど悩んでいる人が多いです。
しかし、きちんと活用することで短期間で免許を取得できるだけでなく、料金も格安になるという大きなメリットがあります。どの程度費用が安くなり、なぜ安くなるのかという理由を知ることで合宿免許への理解を深めることができます。

合宿免許は通学よりも安い!

通学して免許を取得するには平均で30万円ほどの料金がかかります。決して安くはない金額で、免許を取得したいけれども悩んでしまうという人もいるでしょう。
しかし、合宿免許であれば通学よりも格安といっていい料金で免許を取得できます。 通学の場合は学校や仕事がない時間に出向いて、数か月かかって教習を受けなければいけません。合宿免許であれば2週間という短期間の間に教習を終えることができるだけでなく、費用は20万円ほどと格安です。なかには20万円以下の学校もあるほどで、通学よりも大幅に安い金額で免許をとることができます。
もちろん、この20万円の費用の中には教習料や適性検査などの費用が含まれていますが、宿泊費や食事などもも含んだ金額になっています。中には食事がない自炊のプランなどもあり、食事付よりも安い金額で受けることができます。

なぜ合宿だと費用を抑えられるのか

なぜ宿泊費や食事代も含んでいるのに合宿免許は格安の料金で運営できるのでしょうか。その理由は、教習所のあいている時間を有効に活用できるからです。通学して教習を受ける場合は、学校や仕事が終わった夕方以降がとても混雑し、土日なども多くの人がやってきます。しかし、平日の日中はあいていることが多くなります。
そこで、合宿免許を導入することで教習生の入校から卒業までのスケジュールを管理でき、教習所のあいている時間を有効に活用することが可能です。1人につき2週間という短期間でまわしているので、利用者の回転数が高いのも安くなる理由です。
また、合宿を行っているのは都心ではなく地方の教習所であることが多く、土地代などが安いというのも理由に含まれます。このように格安で免許を取得できるのにはいくつかの理由があります。

合宿免許は宿泊費も含んでいるのに、なぜ安い費用なのかと考えたことは誰にでも1度はあるでしょう。それは教習所に通学している人がなかなか来ない日中の時間を有効に活用し、短期間で卒業させるために回転数を上げるという仕組みがあるからです。地方で土地代なども安く、宿泊費や食事代を入れても安い料金を提供することができます。